妊婦は飲めるの?

妊娠中の妊婦はお腹の赤ちゃんの為に、最善の環境をつくる必要があります。その為に、胎児によくないとされる喫煙や飲酒を控えます。ヘビースモーカーやお酒が大好きな人でも、妊婦になると我慢できることでしょう。タバコやアルコールの他には妊婦が摂取することに好ましくない成分があります。それは、カフェインです。ダイエット茶をはじめ、お茶にはカフェインが含まれています。緑茶やコーヒー、紅茶に含まれているカフェインです。妊婦にとってカフェインは良くないとされていますが、それにはいくつかの理由があります。

ひとつめの理由は、カフェインを過剰に摂取すると脳神経系に影響を及ぼす可能性があるからです。天然成分のカフェインは、少し飲む程度なら問題ありませんが、大量に飲むことは注意が必要です。とりわけ、お腹に赤ちゃんを宿している妊婦は胎児に影響を与える可能性もありますので、飲み過ぎてはいけません。ふたつめの理由には、体を冷やす作用があげられます。カフェインの摂取量が増えると、体を冷やすことにつながり、頭痛や不眠を引き起こす可能性もあります。妊婦にとって、体を冷やすことはNGです。悪阻で体調がすぐれないこともありますから、それに加えて頭痛や不眠の状態は避けたいですよね。

そして、妊婦にとって重要な成分、鉄分の吸収を妨げることもカフェイン摂取を控えたい理由のひとつです。妊婦は鉄分が欠如し、貧血状態になりやすいです。その様な状態でカフェインを摂取すると、体内の鉄分量が低下し、さらに体調を崩す要因につながります。

妊婦にとってカフェインの摂り過ぎは良くないことが判りました。では、ダイエット茶は問題があるのでしょうか。ダイエット茶には、カフェインを含むものと少量しか含まないもの、そしてノンカフェインのダイエット茶もあります。カフェインを少量しか含まないダイエット茶の代表格がプーアール茶です。プーアール茶に含まれるカフェインの量は、緑茶のほぼ半分です。カフェインが含まれていることに変わりはありませんが、カフェインによる副作用は過剰摂取をした際に起こります。よって、プーアール茶も飲み過ぎに注意をすれば、妊婦が飲んでも問題ありません。

ダイエット茶のメリットとして、脂肪を燃焼させたり、脂肪の吸収を妨げるといった作用があります。出産後の人は、元の体型に戻すためにアレコレと策を尽くします。そのひとつの策として、ダイエット茶がオススメです。ダイエット茶には脂肪燃焼の促進、または脂肪吸収を妨げる効果がありますので、出産後の体に効果的です。しかし、くれぐれも飲み過ぎには注意が必要です。

人気のダイエット茶をランキングでご紹介!

商品名 価格 送料
人気No.1 デルモッティ 定期コース初回半額1,700円(税別) 無料
デルモッティ公式サイトへ
商品名 価格 送料
人気No.2 ダイエットプーアール茶 お試し1週間分 900円(税別) 無料
ダイエットプーアル茶公式サイトへ
商品名 価格 送料
人気No.3 メタボメ茶 お試し1週間分 900円(税別) 無料
メタボメ茶公式サイトへ