ほうじ茶の効能

ダイエット茶ランキング.jpは、さまざまなお茶のダイエット効果について、詳しく比較説明しているダイエット茶専門のサイトです。今回ご紹介するほうじ茶は日本の緑茶の一種で高濃度茶カテキンではありませんが、ほうじ茶にも脂肪を減少させる効果があるカテキンが含有されているダイエット茶です

ほうじ茶は焙じ茶とも呼ばれるように、お茶の葉を焙煎したものです。焙煎とは某ハムやコーヒー豆のテレビコマーシャルにも出てくるローストのことで、容器にお茶の葉を入れて、容器の外から高い温度で加熱することで水分を飛ばしたお茶のことです。そのためほうじ茶には日本茶が持つ独特の苦みや渋みはほとんどありません。飲んだ口当たりもあっさりしていて、ほうじ茶を好んで飲む方も多いようです。

またほうじ茶はお茶としてのランクも番茶や玄米茶などと同じランクでなので、値段も安いこともあり多くの方に愛飲されています。ただ唯一ほうじ茶の焙煎方法が考案された京都では、このほうじ茶が料亭でも高級茶として出される場合があります。これは京都では茶道でほうじ茶の点前などの習慣があることから、お客様をもてなす意味でほうじ茶が使われています。

京都は個人的にも好きな街でよく行きますが、京都ではほうじ茶のことを「京番茶」と呼び、グラム単位から1キログラム単位の大きな包装でも、京都のお店の前に並べて売られています。このように普段からほうじ茶を飲む習慣がある京都では、たとえば料亭などで出される会席料理を食べた後でも、ほうじ茶が和菓子とともに出てきます。

ほうじ茶が他の日本茶と異なり苦みや渋みが少ないのもお茶の葉を焙じるためで、焙じることでお茶の苦味成分のタンニンの一部であるカテキンが飛ばされるからです。またお茶の葉を焙じる工程で、含有されているカフェインの量が少なくなり、小さい子供でも飲めます。カフェインの量が少ないため病院などの医療施設や介護施設でも、ほうじ茶がよく使われます。

ほうじ茶には他の日本茶と同様にカテキン効果で、殺菌作用・がんの予防・高血圧や動脈硬化の予防などの効能がありますが、ほうじ茶にはカテキンが少ないために他の日本茶と比べると、ダイエット効果は低いと言えます。ただお茶のなかでは比較的値段も安く、苦みや渋みが少ないので飲みやすいほうじ茶を飲むのもいいかもしれません。もしよりダイエット効果が高いダイエット茶を探されるのであれば、是非下記のダイエット茶のランキングをご参考にして下さい。

人気のダイエット茶を一挙ご紹介!

商品名 価格 送料
人気No.1 デルモッティ 定期コース初回半額1,700円(税別) 無料
デルモッティ公式サイトへ
商品名 価格 送料
人気No.2 ダイエットプーアール茶 お試し1週間分 900円(税別) 無料
ダイエットプーアル茶公式サイトへ
商品名 価格 送料
人気No.3 メタボメ茶 お試し1週間分 900円(税別) 無料
メタボメ茶公式サイトへ